リフォームのイワブチ二級建築士事務所 都知事登録【第14215号】

0120-365-813
0120-365-813
【営業時間】am9:00~pm6:00
【電話受付】am9:00〜pm5:00
【Welcome room】am10:00〜pm5:00
【定休日】日・祝日・お盆休み・年末年始
  • Contact
  • feed

BLOG スタッフブログ

お客様の “生の声” 【お客様の声はがき】

こんにちは。野口です。

 

早いもので4月です。

新入生新社会人のみなさまおめでとうございます

 

 

本日は、施工後のアフター点検はがきのご紹介です

お葉書ありがとうございます。

一番のお悩みだった点を解決することできてよかったです。

また何かありましたらお気軽にご相談ください。

 

 

お葉書ありがとうございます。

特にご不便なくお住まいいただけているようでよかったです。

 

担当営業はもちろん、事務所スタッフの励みにもなります。

もちろん、直接言いづらかったこと、まだ困ったことがある、など感じたことを率直にご記入ください。

ポストにはがき届くのを楽しみにしております

 

 

早く飛行機乗りたいな・・

ハルカの光 その2

こんにちは、高橋です。

以前ご紹介した名作照明ドラマ「ハルカの光」が先日終了しました。
→ https://www.nhk.jp/p/ts/Q3GYZ34PQZ/

その最終回で取り上げられていたのが、
ポール・ヘニングセンがデザインしたPHランプです。

 (画像はルイスポールセン社のHPより)

 

美しいカタチのシェードを3枚重ねることで電球が見えないようになっていて、
やわらか~い光を生み出しているのが大きな特徴のこのランプ。

ドラマでは置き型のスタンドタイプが取り上げられていましたが、
最も有名なのはダイニングなどに取り付けるペンダントタイプではないかと思います。

住宅雑誌などではあまりにも多く採用されているので、個人的に興味を持てずにいましたが、
ヤマギワのショールームやインテリアショップなどで何度も見かけるたびに
「やっぱりいいものはイイ!」と思うようになりました。

このペンダントが吊るされたダイニングで育ったお子様が成長して、独立して、
新しい住まいでこの照明を購入して食卓の思い出が受け継がれていく…。


な~んて、思わずそんな妄想が広がってしまいます。

 

全5回で終わってしまった「ハルカの光」。
ストーリーの中に名作照明器具の隠れたエピソードが織り込まれていて、とても勉強になりました。
魅力的な照明器具は他にもたくさ~んあるので、是非続編をやってほしいな~と思っています。



写真は我が家で愛用している照明器具です。
電球が氷の中に埋め込まれているようなシンプルだけど大胆なデザイン。
クールだけどあたたかい光に毎日癒されています…。
この器具も是非取り上げて欲しいな~。

Contact

  • お見積もり依頼
  • お問い合わせ
  • Welcome room 来場予約
  • イベント来場予約

お急ぎの方はお電話ください。0120-365-813

お急ぎの方はお電話ください。0120-365-813

© 2012 Iwabuchi All right Reserved.

上に戻る