リフォームのイワブチ二級建築士事務所 都知事登録【第14215号】

0120-365-813
0120-365-813
【営業時間】am9:00~pm6:00
【電話受付】am9:00~pm6:00
【Welcome room】am10:00~pm5:00
【定休日】日・祝日・お盆休み・年末年始
  • Contact
  • feed

BLOG スタッフブログ

お客様の “生の声” 【お客様の声はがき】

こんにちは。野口です。

 

先日実家にて夏野菜収穫。

 

今年はお友達にもらった種でいろんな種類のトマトを育てたそうです。

ナスは猛暑でしなびちゃったけど、お盆後に雨が降って少し回復したのよ!

とおばあちゃんが言ってました。

たしかに干からびたナスも土に返りはじめていました。笑

 

 

ではでは今日もお客様声はがきの紹介です

 

 

ご家族みなさんで喜んでいただけてうれしいです。

なんとなくでも気になったこと、ご希望があればご相談ください!

 

 

こちらは施工一年後のアフター点検はがきにてご返信いただいたお客様です。

建て替え以来のリフォーム、気に入っていただいてよかったです!

 

 

担当営業はもちろん、事務所スタッフの励みにもなります。

もちろん、直接言いづらかったこと、まだ困ったことがある、など

感じたことを率直にご記入ください。

 

毎日ポストにはがき届くのを楽しみにしております

洗面室と浴室を反転!?事例紹介【荒川店】

こんにちは

リフォームのイワブチ荒川店です

 

過ごしやすい気温になってきましたね♪

秋が楽しみです

 

 

 

さて、本日は、在来浴室リフォームの事例をご紹介いたします

Before

タイル張りで、浴槽が短く、入浴時のまたぎが高いなど、

昔ながらの在来浴室の不便な点ですね

これらは、システムバスに交換することで改善できます

 

しかし、今回のポイントはタイトル通り、洗面室と浴室を反転させたところです

なぜ反転させたのか、その理由は…

こちら↓

『浴室内の柱』です

 

ここにこのままシステムバスを設置すると、

システムバスごと小さくするか、柱型を造るかの方法しかありません

 

(柱型を造るというのは【以前のご紹介】を参照ください)

もちろん、納得できればどちらも悪い方法ではありません!

しかし、空間に無駄が出てしまったり、商品が限られてしまったり…

場合によってはどこか大きな我慢が出てしまうこともあるかと思います。

 

そこで、今回はこの『柱問題』を、洗面室と浴室の位置を反転させることで解消

このように↓

After

浴室から柱を無くならせることができました

 

代わりに洗面室に柱型ができましたが↓

 

これならあまり気になりませんね

 

洗面室もすっきりリフォーム

 

 

お部屋の入口がとれるか、窓がつぶれてしまわないかなど

いくつかの条件は必要ですが、こういう選択肢もありますよな事例でした♪

 

 

 

 

 

最後に。

I様、この度は事例掲載にご協力いただき、誠にありがとうございました

1 / 612345...最後 »

Contact

  • お見積もり依頼
  • お問い合わせ
  • Welcome room 来場予約
  • イベント来場予約

お急ぎの方はお電話ください。0120-365-813

お急ぎの方はお電話ください。0120-365-813

© 2012 Iwabuchi All right Reserved.

上に戻る